やえのさと南整骨院

学生の頃からサッカーをしていて、よく下半身のケガに悩まされていましたがいつもそのままにして練習を続けていました。
プレーヤーは引退し審判に切り替えて活動していましたが、試合の途中でケガをしてしまい30代になり初めて自分の身体の為にと思い、審判仲間に相談しその方が勤めている今の整骨院にケガを治す為に来院しました。
初めのカウンセリングから丁寧に説明してもらい、自分のケガの状況や治す為の計画まで丁寧に教えてもらい治療を重ねた結果おかげさまで走れるまで回復しました。
それでも年齢もあり様々なケガを試合の時にする様になり、その度に治療でお世話になっております。
ケガが落ち着いたら実費の足裏マッサージで対応してもらえ日々のケガをしにくくするサポートもしてもらっています。
これからも色々悩みを相談して自分の体に向き合っていこうと思っております。これからもよろしくお願いします。

30代 教員(サッカー審判)